3.24.2021

BALLETと膝のこと

 
こちらはバレエの先生からのご依頼で制作した一筆箋。

↓唐突ですが…わたしが大人初心者バレエを始めたキッカケmemo
(かなり雑メモ)

14歳の時に多摩川の河川敷で家族親戚祖父母たちと

バーベキューしたときに初めて膝を脱臼。

膝のお皿の脱臼は成長期の10代の女の子が多いらしく

大抵はスポーツをしている最中での脱臼が多いと

当時何かで読んだか聞いたのだけど、 私の場合

ただ砂利の上をトコトコっと走っただけで

脱臼したので恥ずかしかったのを覚えている。 

(後にわかったのは、元々膝の形が悪くお皿が

小さい上に本来お皿をしっかり囲っている?保護している?

 骨がないためだった。

そういえば幼少期の頃、自分の膝を手で触ると

石みたいなのがよくぐるぐる動いて気持ち悪いなと

思っていたのを覚えているし←普通はこんなに動かない

その頃から人の膝をよく見る癖があった)


14歳の私は「皿が脱臼する」ことなんて知るはずもないのに

その時は本脳?で「バシーン!」と手で皿を叩いて(イテテテテ)

元の位置に戻したのだけど(後でお医者さんに、何故

皿を元に戻すと分かったの?と驚かれた)、

あまりの激痛で歩けず、叔父におんぶしてもらって

多摩川河川敷近くの診療所?へ。そこで看護師さんから

「お皿が外れて横に?ん?そんなことはあり得ませんねぇ

目の錯覚では?」と今でも忘れないこの言葉。。

え…膝の横にこのボコっとした骨が移動したのは

まぼろしだったの…??

GW中だったのでそのあと向かった救急病院では

「これは剥離ですね……」と診断され親はショックを受け、

私はとにかく膝は腫れるわ激痛で歩けないわで

それどころではなかった。

GW明けまで安静にして、平日やっと整形外科へ。

すると「はい、これは皿の脱臼ですねー。

筋が沢山切れて血が溜まってますのでまずは血を抜きましょう」

と、今でもあの針の太さを忘れない、

通常の注射針ではない太さの針が

膝へグニグニグニ〜ッ!と。(針入れた後も動かされてギャーだった)

とっても痛いのでタオルを口に咥えて耐えました。

よく頑張ったな、わたし。。 (その後も数回血を抜いた)

そしてその日から太ももから足首までギプスを巻いて松葉杖生活に。


1ヶ月後無事ギプスが取れたと思ったら

筋肉がなくなって細くなってしまい、

今度は膝の関節を脱臼するように。

ただでさえ運動苦手&運動音痴なので

ちょっと体重かけただけで膝関節がガリガリっとズレて脱臼

そして倒れる。関節外れるとそのまま突然倒れてしまうので

何も出来ない。ついでに突いた手まで怪我したりする。

これが20代後半まで続きました。。。辛かった。

(20代フランス1人旅へよく行っていたとき

「トイレどこですか」の次に「脱臼しました」

というフレーズを覚えて行ったほど←使わなくて済んだ) 


↑メモにも描いたけれど、30の時に会社の階段の途中で脱臼し、

そのまま倒れて数段落ち、壁に頭を強打。

→そして人生初めて救急車に乗ったとき、

「さすがにこれはやばいな」と心底思い、ようやく

整形外科でリハビリを始めたのですが、これがつまらないので

(そういう問題じゃないが) 全く続きそうもなく。

そしたら、たまたま縁があってバレエなら筋肉付けられるから

良いのでは?と紹介され、大人初心者コースを始めてみることに

なったのでした。

 

長く書きすぎたけれど、何が言いたいかというと

始めてからこの11年間、あんなに毎年のように外れていたのに

一度も脱臼していないということ。

何かの拍子に外れそうになったことは何度かあったけれど。

多少なりとも効果があったということなのかも。

膝周辺に筋肉を付けるだけではダメ、ということも

分かったし、膝が悪いと足首、腰、股関節、全てに

影響が及ぶことも知った。

逆に、それらを強化すれば膝への負担も減るということ。

バレエの先生にも膝のことを理解していただき

助言してくださるおかげでなんとか続いている…

 

最近は「肋骨を意識する」ことが私の中での一番のブーム。

実験したのだけど、肋骨を意識した状態で(肩が一緒に

上がらないよう注意) 階段昇り降りすると、

膝への負担が殆どないのです。

逆に背中丸めて全身力抜いたまま階段昇ってみると

膝にものすごーく負担がかかって痛い。

不思議、意識の仕方で自分の体がそれぞれ同じ重さに感じない。

簡単そうで、これを意識して続けることが私にとって

難しいことだけれど、今後ますます膝のために

上半身も少しずつ強化していかないといけないなと思ったのでした。 

運動神経良くて踊りのセンスが多少なりともあったら…

もっとバレエを楽しめるのになぁ…

私の場合はとにかく膝のためでしかない大人バレエ。

(絵を描くために美しい姿勢についての勉強もあり)

雰囲気を味わうだけでもどかしいけれど、それでも

続けていると色々発見があるものだなと。