5.10.2020

自己満運動不足解消法その3


ほとんど動いていないのに食べる量呑む量変わらず。

そして焦って…
ちょうど掃除機とクイックルワイパーがバー代わりになった(?)。
大人バレエのバーレッスンで一番苦手なのはフォンデュとアラベスク。
フォンデュは膝脱臼脚なので少ししか曲げられなくて辛いし
というかほとんどが苦手&当たり前だけど出来ない(泣)でも楽しくて好き。

とりあえず苦手でも掃除道具deアラベスクはドライヤーdeルルヴェ
加えて続けなければならない。(お家でサルサも週3くらいで)

もともと浮腫みやすいのもあり、
これからのテーマは「代謝をよくして楽しく維持して皿脱臼させない」です。

……そのうちまた忘れてやらなくなりそうだな

5.04.2020

自己満運動不足解消法その2

食べる量呑む量が全く変わっていないのに
(動いていないのにお腹はしっかりグーグー鳴る)
3月4月とここまで運動不足なのはさすがにヤバいのでは…
ということで楽しく続けられる運動はないかね?と
ハッ!と思いついたのがサルサです。

20代の頃、独りサルサブームがあり、
横浜は元町のサルサバーへドキドキしながら行って 
(本当は六本木のサルサバーに行ってみたかったけど勇気がなく)
 そこで少しだけ習ってあとは家で自己流で汗かくほど踊って
ウエスト絞りとお尻垂れ防止のために必死な時期がありました。
で、その時の効果は抜群だったんです(個人の感想と思い込み)。 



※ど素人のため、ステップの説明間違っていると思います…

サルサって基本stepだけなら半径1mくらいで出来るし
全身運動ができちゃうのがスゴイ、と気付きました。
私にとって良い点を挙げると(※自己流)
・曲が終わるまで動き続けられる(3曲くらいぶっ通しだとしっかり汗かく)
・つま先立ちでステップ→足首・ふくらはぎなどに効く
・腰を動かす→ウエスト・お尻に確実に効く
・腕動かす→肩甲骨を動かすので肩こり解消・二の腕垂れ防止
・肋骨とお腹にも意識がいく
・短パンで鏡の前で体動かすと自分の体と向き合える
・音楽の性質上自然に口角が上がる
・音楽に合わせて体を動かす→ただ楽しい!

こんなにいいことずくめ。
全ては楽しいかどうか。楽しくないと続きません。
一時期お家ヨガもハマったのですが(しっかりヨガマットも買って) 
私の場合はこちらが自分に合ってました。

以前チラッと見た某雑誌で、60代フランス人の素敵マダムが
体型維持の方法は「いつもお家でサルサ踊ってるからよ」
と言っているのを見て、これだぁっ!!と。

なぜサルサに体が反応してしまうのかは、
子供の頃にまで遡るのですがそれはいつかゆっくり書くとして、
とにかくキューバ音楽とかあのリズムを聴くと
血が騒ぎテンション上がって体が勝手に動いてしまいます。
なのに踊るセンスが恐ろしいほどないという悲しい現実は
この際どうでも良いのです、自己流でも楽しく体動かせていれば。
本当の楽しみ方はペアで踊ることらしいのですが、ひとりでいいや^^
(どんな踊りでも、踊れる人は心底羨ましい!近所のお祭で踊りがあれば参加したいけど踊ってるお祭が近所にない)

サルサがテーマの映画で私が好きなのはコレ「サルサ!
フランス人の天才ピアニストが、サルサへの情熱を抑えられず
クラシックの世界から飛び出して人生を変えていく映画。

この中で、ステップを教えてくれるシーンが一瞬あるので
わたしも何度か巻き戻して真似していました^^;
主人公演じるヴァンサン・ルクール、とっても素敵でズキュン!
だったのですがこのあと2本?の映画のみで見かけません。
(「赤ずきんの森」はホラーで見れず「父よ」は結局未見)

もうひとつ好きなサルサ映画はこちら、「ダンシング・ハバナ」。
もうだいぶ前に観たので細かい内容を忘れてしまったのですが
80年代の「ダーティー・ダンシング」のリメイクで
パトリック・スウェイジも登場します。

これを観てわたしはディエゴ・ルナに夢中になってしまい…
サルサを踊る姿の格好良さったらなく…とろけてしまいます。
関係ないけど「ミスター・ロンリー」も良かったなぁと記憶しています。

最後にはやっぱり、サルサのルーツであるキューバ音楽を知るにはコレ、
人生とはコレだ!涙!なドキュメンタリー映画
続編を観に行きそびれてしまっていたのを今気付きました。

4.28.2020

マスクの下(中)は…

前回、1ヶ月に1回しか電車に乗らなかったのは中学生ぶりなのでは…と書いたのだが、ノーメイクで1ヶ月以上過ごしているなんて、お化粧しだした大学生から初めてのことだ。
と言っても完全ノーメイクではない。アイブロウとほんのりアイシャドウと絶対かかせないチークだけはしている(どうしても完全なノーメイクに慣れない…)

これまで私は1日中家に居る時でも、どんな時でも必ずバッチリ化粧していた。理由はいくつかあって、最大の理由は、ノーメイクだとどうしても目が腫れぼったさが戻らず、寝起きの目の奥から頭までの怠さがずっと続く感じがして、でもメイクをするとシャキッ!と目が覚めるので多少具合が悪い日でもメイクすれば乗り切ることが出来たので、メイクには何かパワーがあるのではと信じている。
もう1つの理由は、昔から目の周辺の血色が悪くクマもひどいのでコンシーラーでしっかり隠さないと「どうしたの?ちゃんと寝てる?」と言われてしまうこと(実際確かに10年以上寝不足続きではあった)

マスクしてスーパーへ行くときは必ず口角上げて歩くようにしている(マスクで見えないし)。もともと口角下がり気味というのもあるけど、歳とともにフとした表情が更に口角下がりまくりのひどい顔にならぬよう…気持ちだけでも。不思議なのだけど、口角上げて歩いていると気持ちが自然と軽くなっていくのが良くわかる。垂れ防止にもなるし一石二鳥!なるほど、これは今後使える方法かも。落ち込むことがあっても、まず口角から上げてみよう

4.26.2020

自己満運動不足解消法その1

家の中で運動不足解消どうしよう、です。
 ↑実際に家で着ているこのボリビアのアルパカベスト、なんと40年近く(!)経っているのにまだくたびれず(写真はちょうど洗濯してアイロン前なのでクチャっとなっているけど)。中南米在住時代に親が買った服たちは未だに手放せず、お恥ずかしながら毎年夏になると今も活躍している。
その年によって着たくなるときとそうでない年があるのでいい具合に新鮮な気持ちになりながら着ている。この茶の色がいい色なのだ。

4.22.2020

割れた食器たちの復活

緊急事態宣言が出てから2週間経過……
今はグッと耐える時期。。。家の中と徒歩圏内で小さな幸せを見つけながら淡々と日々を過ごしている…つもり。

 放置していたBlogを以前のSNSがなかった頃のように記録代わりに動かしていこうかなと、今日は2年くらい下書きのまま放置していた記事の続きをもう一度書こうと思う。

我が家はとにかく食器を割る率が高め。割った瞬間ギャー!とかワー!とか大騒ぎした後落ち込んで(ついでに喧嘩になったりもする…)後の処理が厄介なのだけど、ありがたいのが夫が修理好き?であること。これまで割ってきたものの9割が見事復活し、再び使えているのでそれらの記録をしようと思う。

割れてショックだった順に書いていく。

1)kupicaで買ったコペンハーゲンのヴィンテージ皿
この割れ方、、ショックだった。多分初めて自分で買ったヴィンテージのお皿で思い入れがあったというのもある(北欧で買付をしている知り合いの展示会で)。これを割った数日後旅へ出る予定だったため、厄落としだと思うことにして立ち直った。
復活は無理だろうと思っていたが…

2.27.2020

トーキョー・マダム・フェスタ→中止となりました(2/26現在)

http://pr.yakan-hiko.com/tokyo/madamefesta.html#first
こちらのイベントに参加いたします。
入場無料ですが、事前お申込みが必要となりますのでお早めにどうぞ!

2020.3.8.sun
*入場無料(第一部・第二部入替制/事前お申込が必要となります)

【出店予定】

▼AROM.
ミラノ在住日本人デザイナーによるジュエリーコレクション。イタリアならではの華やかさと大胆さに日本のミニマルさを融合したデザインで、日本のモード界で注目ブランドです。

▼giselle
ヨーロッパで買い付けてきた生地と厳選した日本製の生地を使用したオリジナルポーチブランドです。なかなか日本では手に入れることができないカラフルな色使いとPOPな柄が特徴。カラフルなのに大人っぽい雰囲気があり大人気です。

▼madameH CLOSET
ブランドという記号や時代を超えて存在する「価値あるベーシックアイテム」
おしゃれな成熟した女性たちが必要としているものを心を込めて作っています。

▼STYLE 04 MARKET(スタイルレシピマーケット)
ミランダかあちゃんプロデュースのたんすのこやしとなっているスカーフをリメイクする専門ショップです。革手袋、ブレスレット、ペンダント、チャーム等アイデアいっぱいの小物におしゃれにセンスよく変身させて大人気となっています。

▼The DAYS
タイで生まれたハーブブランドです。
タイの東部・コラートのオーガニックファームで作っているハーブをメインにブレンドしたハーブティや、中北部でとれる山の塩を使ったハーブ塩、北部の山岳地帯のオーガニックファームでとれるコーヒーといった商品を展開しています。今、大注目のブランドです!

▼una carta
ファッション・イラストレーター永川梨惠によるオリジナルグッズブランド。ものすごくスタイリッシュでおしゃれな女性のイラストが刺繍ポーチやステッカー、カードになって登場します。コレクションしているファンも急増中です。

他、オーガニックワインショップ、フードコーナー、占いブース等の出店も企画中。

1.06.2020

2020


本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年末はいろいろ断捨離して気持ちまでスッキリ。今まで以上に大掃除も気合い入れたし、だいぶスッキリした。
12月はアンナ・カリーナが亡くなり、山田宏一さんの「友よ映画よ」を読み返しているところ。9月に出版された新しいインタビュー本完全版にもアンナ・カリーナの長いインタビューが載っています。
そういえば5月にドリス・デイも亡くなり、ミシェル・ルグランもジョアン・ジルベルト、カール・ラガーフェルドも。


〈2020年映画初め〉 
「知りすぎていた男(1956)」★★★★☆
マラケシュが舞台&大好きなドリス・デイ。見逃しておりました。
ヒッチコック×ジェームズ・スチュアートは「裏窓」と「めまい」が最高です。
昨年から少しずつ観ていた「The Marvelous Mrs.Maisel」。
やっと年末からまとめて一気見中(S2の後半まできました)。
海外ドラマはハマったら大変なので(ただでさえ観たい映画がドッサリ溜まっている)なるべく観ないようにしていたのだけど、これはすごい…1話毎に出てくる衣装の量といい(これはもちろん1着1着全て作っているのよね…)小道具といい…。ストーリーも面白くてスカッ!!!っとする。これは夫も巻き込まねば!と夫も観だしたら私以上にハマっているではないか。

毎回全部描きたいのだけど追いつかない…



好きなことをする。好きなことを突き詰める。。。

12.31.2019

2019

 毎年恒例、大晦日の由比ヶ浜より

2019年最後の夕日。
今年も1年ありがとうございました。

今年は念願のモロッコへ行けたのが良かったな〜…
遠かったけれど遠く感じなかった。
是非とも再訪したい。。。

色々あった1年でしたが、なんとか色々乗り越えた1年でした。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〈2019映画納め〉
STAR WARS〜スカイウォーカーの夜明け〜
★ ★ ★ ☆ ☆

男はつらいよ〜お帰り寅さん〜
★ ★ ★ ★ ☆


寅さんは、30周年の頃にTVで一挙公開していたときに初めて観て、そこからハマってしまった。最近少しずつまた観直しているのだけど、毎回泣いてしまう……
また20年後観たらどんな気持ちかな。寅さんは若い頃観るより歳重ねてから観る方がグッとくるみたい。

寅さんを年末年始に劇場で観るのが恒例だった時代に憧れていたので、まさか年末に"最新作" を映画館で観れるなんて!今では柴又が身近な町だし、まるで自分も親戚の一人になったような気持ちで、懐かしい面々の登場でそれだけでウルッときてしまい、20年前に観た時はそう思わなかったのに、若い頃の寅さんがあまりにもイイ男に見えてビックリ。寅ちゃんカッコイイ❤️(わたしも「寅ちゃん」と呼べる年頃になってしまった…)

しかし観終わったあと、はぁ……………なんだか、今の世の中失ってしまったものがたっくさんあるような気がして、しんみりしてしまった。あまり何がどう変わってしまったのか書き出したくないですね…
今の時代を生きているのだから…。

というわけで、年末年始の私の頭の中はずーっと寅さんのテーマ曲が流れておりました。
風の吹くまま、気の向くまま…来年はそんな感じでいきたい。

12.14.2019

Acctumo vol,16

丸8年になるアクセサリーイベント、あくつも。
ここ数年DMイラストを担当させていただいています。
そして、今回は5年振りくらいに参加いたしました。

お越しいただいた皆さま、ありがとうございました!
 

 恒例のステッカーセットは4種類作りました。
2015年あたりから個展のテーマにしている「わたしが好きなスタイル」と題して。
No,19とNo,20は、シネマファッション以外も入っています。

3枚綴り両面印刷になっているカレンダー2020 
 赤い部分は刺繍になっています。

------------------------------------
コンシールギャラリーは壁に描けるのが嬉しい。

2014?#あくつも
2015?#あくつも

9.30.2019

イラスト展へお越しいただきありがとうございました

だいぶ遅くなりましたが、8月のイラスト展にお越しいただきありがとうございました!
暑い中、たくさんの方に起こしいただき、高知や熊本、福岡の方がたまたま東京滞在中だったという方もいらっしゃり…感激いたしました。
色々お話してくださったり、ポーチが前半で完売になってしまったり…本当にありがとうございました。
今回は5月のモロッコ旅を形にしたグッズ(冊子・ポーチ)を作りました。



  

8.04.2019

イラスト展



2019.8.21.wed-25.sun

madameH CLOSET(代々木上原)にてイラスト展を開催いたします。

イラストはこれまでに描いたものたちをダーッと展示予定。
毎回個展の際に作って販売している雑貨の新作は、5月に行ったマラケシュの思い出を描いた28p分のミニ冊子など。これまでに販売したグッズも少し出す予定です。
 
日時の詳細
 8月21日(水)、22日(木)、23日(金)は13:00-19:00
※23日(金)は誠に勝手ながら18時50分に閉店いたします
8月24(土)25(日)は11:00-18:00まで

併せて8/8リリースのmadameH CLOSETの新色&新柄オリジナルトートバッグ(裏地イラスト担当)の受注販売もございます。
店頭にサンプルがありますので是非ご覧下さい。また、madameH CLOSETのアーカイブ商品も在庫があるものに関してはお求めいただけます。

7.30.2019

暑中お見舞い申し上げます!inモロッコ

全く更新していなかったBlog。最近10年ぶりにiMacを新調したら、スマホ写真をAirdropでmacにシュッと送れるようになったので、あら便利! というわけで、5月末に行ってきたマラケシュの写真でも…。
手軽なSNSも良いけれど、なるべく2004年から続けてきたBlogの方に記録していきたいなと思った2019年夏。
昨年9月にオープンしたばかりのRiad、DAR KANDI(一緒に行った旅のプロが見つけたところ)のルーフトップのプールにて 
他のリヤドにも目移りしてしまって色々行ってみたいけれど、ここはオーナー?の女性とスタッフの若い青年(イケメンだらけ)たちがとても気さくで、朝ごはんも毎日手作りで日替わりで違って美味しかったし……
鳥のさえずりで目を覚ます朝だなんて!!!やはり…環境は大事だ………
(昔新宿のおばあちゃん家に泊まった時ハトの鳴き声でよく目が覚めたっけ)
 スタッフのお兄さんにビールお願いしてナッツ食べながらくつろいでいたら…
スマホが突然「高温注意!危険!」表示となり、触れないほど熱くなっていて焦った


いつまでも旅の思い出に浸っていてはいけない…現実に戻らねばと思うのだが…マラケシュは時間が経てば経つほどどうしても忘れられなくなる何かがあるような気がする。太陽の光がとっても綺麗でパキッとしていて、目に飛び込んでくる色の嵐といい大好物のスパイスの香り、そして食べ物は程よい塩加減で優しい味、出会う人々がとても良かった。距離感忘れてまた来年も来よう、と軽く思ってしまったくらい…。ヴェネチアとモロッコもう一度行きたい。

2.27.2019

ホワイトデーにあげたいちいさなおくりもの展

早いもので2月もアッッッ!という間に過ぎてしまいました。


 さて、3月1日から、わたしのお気に入りの中目黒にあるご飯屋さん「のひのひ」にてプチ展示販売に参加いたします。今回はこちらの新作ステッカー本、手描き&刺繍のハンドメイドポーチ、パリの思い出ステッカーセットなど、少量ですが販売予定です。

一昨年参加した展示で出会った素敵な店主からお声をかけていただいたのですが、偶然友人の知り合いで、またしても世間は狭いと実感…
こちらのご飯屋さんへ行き始めてからまだ1年ですが、美味しい手料理といい自家製のお酒といいカウンターの常連さんたちの優しさといい…あまりにも居心地良過ぎて一度終電を逃したお店です(→遠回りして長い距離歩いてなんとか帰ることができた)

ぜひ美味しいご飯とお酒を飲みながら、お手に取っていただけたら嬉しいです。
詳細は以下↓
"ホワイトデーにあげたいちいさなおくりもの"展
2019.3.1.fri-15.fri
※週末まで延びる可能性あり

「のひのひ」

目黒区上目黒3-16-4 長岡ビル3階
03-6412-8680
月曜〜金曜 17時〜24時L.O.
土曜 15時〜21時L.O.
日曜定休、祝日、時々平日も休み。
instagram→instagram.com/nohinohi_nakameguro
blog→ https://nohinohi.exblog.jp/

2.14.2019

Le Fabuleux Destin d'Amélie Poulain

アメリを観たのは、伊勢佐木町にあった小さい映画館で(館名忘れてしまったし、アメリ後なくなってしまった)。もう大興奮で3回観に行きました。3回目は満席で、座布団借りて床で観ました。公開当初は小さな映画館でしか上映していなかったのだけど、口コミで広がり、ロングランヒットとなったのだっけ。
それまでもパリが舞台の映画を観ては、ぼんやりとパリに行ってみたかったのだけど、これで決定づけられたような。
アメリが子供の頃のシーンで、金魚が飛び出してギャー!となるシーンがあるけど、これと全く同じ経験を小さい頃祖母の家で経験したのを思い出したりして。さくらんぼはありそうで私にはなかった… とんがりコーンを全部の指に刺して食べたことはある(間違えて指もガブッと噛んで相当痛かった感触を今でも覚えている)。
ヤン・ティルセンのCDを聴きながら歩いているとアメリになった気分になったり……していました(汗)