10.22.2011

PAN AMとDown With Love

憧れのPAN AMがドラマに!アメリカでは9月から始まっているそうで、日本でも来年から放送されるそうです(有料ch)。クリスティーナ・リッチだしシナトラだし、女子4人だし、あの制服にBAGにスーツケースに腕時計にアメ車に雑誌にヘアスタイルに、60年代の小物たちが♡昔から常々思っていたこと→1950〜60年代に生まれていたかった。
Frank Sinatra♪「Come fly with me」シナトラを聴くと幸せな気分になる。

60'sで思い出したのが、アメリカの60年代コメディ映画の雰囲気を再現した「Down With Love(恋は邪魔者)2003」。Catcherが遊んでいる女の子が確かPAN AMでした。
一緒に観に行ったUちゃんも映画を気に入っていたので、絵を描いて製本して
無理矢理勝手にプレゼントしたもの↑↓ もう8年前だなんて…!
映画中に出てきた「Ed Sullivan show」は、実際に1948〜71年まで続いたアメリカのTV番組で、バーバラたちがキャピキャピTVを見ているときに映っていたエド・サリバンとジュディ・ガーランドは、ソックリさんが演じているそうです。昔、父が録画していたEd Sullivan showを見て夢中になっていました。
una carta diary 2004
エンディングでユアンとレニーが♪僕がロックできみはドリス〜と歌っているように、この映画はロック・ハドソンとドリス・デイのコメディ映画を意識してつくられたものだそう。60'sコメディ映画にかかせないトニー・ランドールが、恋邪魔にもゲスト出演しています。かわいいおじいちゃんになっていました。