7.17.2014

フランス旅6

やっとパリ(※3月の話)。朝ルーアンを出て午前中にパリ着。
ルーアン→サン・ラザール→マジェンタ→北駅へ
何かが故障でこのRERの駅で30分以上待つ羽目に…たった一駅なのに。おまけに、今回何故か切符10枚綴りを買い間違えてギャー!倍もした。
北駅のカフェでパパッとお昼を済ませてIénaにあるガリエラ美術館へ。
行き交うクルマに目がいってしまい、しばらくクルマたちをボーッと眺める…
お、チンク発見
これを観にガリエラ美術館 モード&コスチューム博物館へ。初めて来たが、素敵なところだった。周辺は静かで広い庭園があり、目の前にエッフェル塔が見え…。
今回の展示は、1918年から現代まで世界中のVOGUEで活躍したファッションフォトグラファーの写真展。写真集で見たお気に入りの写真があったり、昔のVOGUEがズラリと並べてあるコーナーではガラス越しだけど誌面をゆっくり鑑賞
美術館の目の前はパレ・ド・トーキョー。道路渡るとこんな景色が♡あぁ!友人が撮っていた写真はここからだったんだ!と1人でこっそりはしゃぐ。この後、目の前のこの階段を下りてセーヌ川方面へ。

そのまま歩くとすぐシャンゼリゼ。ルーアンで閉まっていたB&O、シャンゼリゼにもあることを思い出し、探しながら歩いていたら発見。ディスプレイは割と普通、イケメン店員さんにズーズーしく仏版と英版カタログを1冊ずつくださいと言ったら10euroですと冗談を言われ、無駄にドキドキしました。
B&Oの反対側にラデュレ。サンジェルマン店でお土産でしか買ったことがなかったので、一度はカフェに入ってみたかったのでした。
一応RENAULTに入る
シャンゼリゼはクルマをただボーッと眺めるには絶好の場所。撮っていたらチンクが2台映った♥
ドリス・ヴァン・ノッテンの展示?!これは絶対行かなくちゃ!


つづく…