6.28.2014

フランス旅5

エイレムのキッチン
トルコのデザートを作ってくれた。これはカボチャ。こちらで食べるカボチャよりフルーツに近い食感のカボチャだった。お砂糖やクルミなどをたっぷり入れてオーブンで焼くシンプルなもの。とっても美味しくて出来上がりの写真を撮り忘れました。
皆で大型スーパーへ
こちらはルーアンに最近できたショッピングモール。ららぽーとみたいな。レア・セドゥーの美女と野獣を上映していて、絶対観たい!!!と思い、そのあとパリでも時間チェックしたのに…時間が足りず観に行けなかったのが残念。ディズニーのも大好きですが、ジャン・コクトーの「美女と野獣」も好きです。
そのショッピングモールで食べた巨大ガレット。ボリュームすごい&美味しくてもう一個食べたいくらいだった。これ食べている間、エイレム夫婦が横でトルコ語でブォーーッと喋っていたので、私はその間行き交う人々を観察していました。
クルマの中からパシャリ
フランスのガソリンスタンドに行ってみたかったので嬉しかった♡(子供の頃からガソリンスタンドの匂いが好きだった…)ま、これといって変わったことはありませんでした^_^;
エイレムと息子くんと産婦人科へ。立派な建物だわ…。フランスの産婦人科へ行く機会なんて滅多にないのでワクワク。
中に入って何故か私も一緒に診断室入ってお話を聞いたり、血圧計ったり色々な検査に立ち会い、赤ちゃんの心臓の音を聴いたり…。本当はエコー写真も見たかったのだけど、今回は必要ないとのことで残念。
待ち合い室で
産婦人科から見た空。三日月が♡
このちょうど一ヶ月後、無事元気なまんまるな目をしたかわいい女の子を出産!
エイレム一家の愛情たっぷり幸せな雰囲気は私にも良い影響を与えてくれた。家族全員で協力し合っていた。わたしがいてもおかまいなく夫婦で言い合いしたり、息子くんを思い切り叱ったりしていたけど、そんな飾り気ないところが居心地良く、前から好きなところでした。
ルーアンに来る前、「お店付きの家を買ったの!8部屋あるから是非来て!」とメールが来て、その家がこれ。3階建てで1Fがケバブのお店(今はお店だけ使っている状態) 。リモデルは一切まだなので今は近くのアパート暮らし。リモデルはお金がかかるのでなるべく自分たちの手でやるらしいのだけど、なんてワクワクするんだろう! そういえば昨年、友人宅の壁の漆喰塗りを手伝いに行き、面白い体験をさせてもらった。大変そうだったけれど、出来上がったときの感動は凄かっただろうな。自分たちの想いがこもったお家を作れるなんて!!はぁ…夢のまた夢だ。
「ここの部屋は子供部屋でね、あっちはお風呂なの。お風呂は2つ作るの」と説明するエイレム。
はぁ…胸がキュンキュンしっぱなし!なんなら住み込みで手伝いに来たい。
想像膨らみまくる屋根裏部屋。子供の頃から憧れていた屋根裏部屋!!!!!羨ましくて倒れそう。もっと時間あったらここで色々妄想に耽りたかった!!
「でもね、家賃大変だし…いろいろ大変なのよ…」と現実的な話もしてくれた。月々の家賃の話など、フムフム、なかなか聞けない話なのでメモメモでした。
このとき、エイレムが夢を話してくれて、今は生活していくためにケバブの小さいレストランをしているけれど、いずれはカフェをしたいと。「Rieも見ていて分かったでしょ、お客さんの層も決まってくるのよ。カフェならもっと幅広い層が来てくれると思うし、女性客を増やしたい。そのときはRieに絵を描いてもらいたい。そしたらそれを理由に毎年ルーアンに来れるでしょ」って♡なんてこと!お世辞でも嬉しい。「もちろん絶対行く!やる!」と申し出ました。


そろそろルーアンはおしまい。次はパリへ