8.07.2010

Balletのようなもの

"バレエのようなもの(※)"を初めて習い始めてからちょうど1年が経ちました。まさか1年続けられるとは思いませんでした。

※「バレエを習っている」なんて言ったら恥ずかしすぎてとんでもないので、周りには「バレエのようなもの」と言っています…


なぜ運動が全くダメで体がかたいわたしが、バレエなんか習い始めたかというと、





膝の強化のためです。中学生の頃に膝の皿を脱臼し、膝の関節も外れるようになってしまいました。それ以来、ろくにスポーツをせずに変にかばった歩き方を十数年してきてしまい、すっかり足の筋肉が衰えてしまったのです。
忘れた頃の昨年、また脱臼して階段から落ちて頭を打ちました。これはかなりショックでして…「このままじゃいかん!!!」と心底思い、むかし整形外科の先生に「筋肉を付けるしかありません」と言われたことを思い出して、しばらくは近くの整形外科でリハビリをしていたのですが、なかなか続けられず、何か楽しいことをしながら筋肉をつけられないかと思っていたとき、タイミング良く、小さい頃からバレエを続けている幼なじみのお母様にバレエ教室を紹介していただきました。




わたしが行っているのはもちろん初心者でもOKの大人コースで、1時間かけてストレッチ+バーレッスンをしてから最後にセンターでバーなしのレッスン。バーレッスンはゆっくりな動きですし、普段絶対使わない内てん筋に意識を集中して動かすと気もち良いので好きですが、バーを離れると何が何だか分からず、腕と足は別々に動いてしまうし、酔っぱらいのマネでもしてるのか?というようなおかしな動きなので、おー恥ずかしや。(どう転んでもバレエというのは難しくてわたしには無理な話なのですね)どこまで自分は音痴なのだろうと泣きたくなりますが、それでも続けられるのは、自分の膝のため。愛する膝のためなのであります。いつまで続けられるかは分かりませんが、母も32歳から始めたジャズダンスを20年以上経った今も続けているので、負けずに続けてみたいと思います。(20年経ってようやく振りが踊れるようになったらしい……親子だ…)
何も出来ないのに、膝に効果的なマッサージなどのアドバイスしてくださる先生に感謝です。