5.05.2016

パリ、シネマ、女たち 展示の様子など

ree roseeさんとの「パリ、シネマ、女たち」展が終わって1ヶ月…2ヶ月?経ってしまい、
今頃ですが、本当〜に沢山の方が観に来てくださって感激、ありがとうございました。

【展示の様子】
「パリ、シネマ、女たち」というテーマということで、シネマファッションもそうですが、これを機に一番最初に一人旅したときの感激を思い出しながら描きたいなと思い、ファイルに溜めていた紙モノや少しずつ集めている古い雑誌などを描いてみました。更にその絵をグッズにしようと今回作ったのが「Mes souvenirs de Paris」というステッカーセット。全て違う絵柄の35枚入り(←やたらココを強調…)おかげさまで予想以上の結果で大変嬉しいです。まだ描き足りないものが沢山あるので第2弾も作りたい。
では、以下写真たちを…
ステッカーセット用に描いた雑誌も少し展示しました。Paris Matchは昔のものでもわりと手に入りやすく、現地では1,000〜2,000円程度で手に入ります。右2冊は1950年代初期のBrigitte Bardot。ブロンドヘアよりこちらのほうが好み♡
左上のreeちゃんがワイヤー作ってくれたそれぞれの名前と展示名♡影もまたかわいくてお気に入り。
自分で撮った写真や蚤の市で買ってきたモノを描いたもの
左はALL手刺繍。右は手描き+手刺繍のもの。刺繍がこんなに楽しいとは…
ありがたいことに完売しました
今回楽しみにしていたTrigo e Canaさんのアイシングクッキー!こちらのワガママをこんな風にカタチにしてくださいました。こちらも完売!
特別な建物というわけではないのですが、モンマルトルに行ったらぜったいに通るピンクの建物。モンマルトルは思い入れがあり、大好き過ぎてパリへ行く度必ず行く場所。一昨年行ったら、ピンク色があまり綺麗でない色に塗り替えられてLa maison Roseの文字もちょっとダサくなっていた。ちなみに坂道にあるので斜めになっています。
私が勝手に思っていることなのだけど、この建物はオードリーとフレッドアステアの「パリの恋人」で哲学者に会いに行く建物に使われたのだと思うのです!何度も巻き戻して観て確認しました。現在はカフェらしいのだけど何故かまだ一度も入ったことがない。。
その「パリの恋人」のフレッドアステアとオードリーが表紙の1956年のMARIE CLAIRE
B.Bの写真の中でも特に好きな写真が表紙のPARIS MATCH
モンマルトルへ行く時に降りる駅「ABBESSES」
と、どさくさに紛れてuna cartaポーチの定番柄もステッカーセットに入っています

描き描き…

マルモッタン美術館お気に入り♡
↑行く度に蚤の市で集めた雑誌
初めての1人旅で泊まったモンマルトルのホテルのペーパーナプキン、自分で撮ってきたフイルム写真、古い紙袋、おなじみのキーホルダーなど
特にこれと言って重要な建物ではないけれど思い入れのあるモンマルトルにある建物たちの一部(STUDIO28はパリで最も古い映画館とされている)。ビートルが停まっているお店は特に関係なく、このお店の向かいにあるモンマルトルのアルジェリア料理やさんに数回行った。アルジェリア人の気さくなおばちゃんが一人で営んでいて、夜の店内はとても薄暗くてロウソクの光でアルジェリアワインとアルジェリア料理を堪能できる(モロッコ料理とかアルジェリア料理とかアフリカ料理大好物)。現地のレストランは特に調べず、毎回直感でお店に入ることが多い。というのも、もちろん雑誌などに載るお店もすごく興味あるけれど、旅先ではこれまでの勘を働かせたいもの。当たりハズレもあるけれど、その分思い入れが強くなるし絶対に忘れない(こうして絵にするとより忘れなくなる)。
旅って不思議、もう二度と来れないかもしれないと思いながら行動するせいか、普段使わない勘と集中力が発揮されると思う。
完成したステッカー
これらは全て元となったものがあります。こちらは昔のORANGINAのストロー立て。我が家に子猫が来たばかりのとき、飾っていた棚から前脚で落とされてしまって上の部分が割れてしまいました。が‥‥‥破片をかき集めてなんとか元に近いカタチにまで復活!
好きなシトロエンDSと一緒にパシャ。
手帳に貼ってみた!の図。

〈おまけ〉
アイシングクッキー案