10.20.2013

American Pop Art

毎回観に行くのがギリギリになってしまうのは何故だろうか…見逃さなくて本当に良かった。ポップアート展を観るのは十数年振りだ。ウォーホル作品を初めて観たときの感激を思い出す。
これらがジョン&キミコ・パワーズ夫妻の個人コレクションというのだからスゴイ。なんだかとにかく想像していた以上にスゴかった。
キミコさんが語るポップアートの短い映像で観たあの素晴らしい邸宅。ベッドルーム?に飾ってあった巨大な200個のキャンベルスープ。ソファに置いてあったキャンベルスープのかわいいクッション。クルス・オルデンバーグのフニャフニャのドラムセットも普通にお家の中に。(この人が気になって調べてみたら、あ!あの人か!←ビックサイトにある巨大ノコギリとかとか)
ここに展示してあった作品たちが普通にお家の中にゴロゴロあるなんて…(言い方おかしいけど)!と、興奮気味でいろいろ想像しながら、帰り道でKALDIに寄ってキャンベルスープを買って帰りました。(ミュージアムショップで本場のパッケージのが売っていたのに…)