5.28.2016

bye bye 500 (;_;)



気づけばこのクルマに乗り始めて丸6年が経っていた。
たまたま新聞で見て一目惚れしたのが2008年。新しいCinquecentが登場した次の年。初めて実物を見たのが次の年の夏に由比ケ浜で開催されていたFiat500のイベント。パリでも沢山走っていたのが印象的。好きだから目に付いたせいもあると思うけど、本当にパリでは多かった!!
この子に乗っていろんなところへ行った。去年の今頃は、素敵雑誌(→♡)にも載せてもらえたり、な〜んと、昨年公開の007「スペクター」に、だ…大好きな007に…噂では聞いていたけれどもまさか登場するとは〜!超絶カッコイイAston Martin DB10(スペクターのためだけに製造された!)に押されながらマイペースにトロトロ走る水色チンク。もう思い残すことはありません。沢山の思い出をありがとう、チンク♡

子どもの頃(といっても大学になるまでずっと)夏休みに父の運転で横浜から鳥取まで行くのが毎年の楽しみだった。父は普段タバコを吸わないけれど、クルマ長旅のときだけ葉巻を吸ってい。音楽はOldiesかけてフフンフン歌いながら。わたしは絶対助手席に座るのが決まりで(母弟は後ろの席で最初からグースカ寝っぱなし)、ほとんど寝ずに行き交うクルマを眺めるのが好きだった。昔実家で乗っていたクルマは名前は分からないけれど色とカタチはなんとなく覚えていて、そのなかでも唯一覚えた名前がプレーリー(初代)だった。色は赤でカクカクしたクルマで。このクルマのときに家族や親戚とたくさん色んなところへ行ったから一番印象に残っているのかな。 
この赤に乗っていた。生まれて初めてのスライドドアでお気に入りだった♪
このカクカクしたデザインも好み。

左:夫20代の愛車GOLF1 真ん中:父20代の愛車BMW2002(私も憧れのクルマの1つ) 右:夫が昔パリのアンドレ・シトロエンのお墓へ行った時に撮った写真。お墓の上に誰かが枝でエンブレムを作って置いてあったんですって♡なんて粋な!